本文へスキップ

フィリピン・オフショア開発の支援機構

協会の組織構成についての詳細CONCEPT

支部長からお伝えしたいこと

CEO

1990年代末から2000年初頭という時期は、オフショアリング・アウトソーシングの有効性が叫ばれ、多くの企業がこれに参入する、いわゆる『オフショア・ブーム』が起こったころでした。
「低コスト」「高品質」というキーワードに代表されるように、これまでオフショアリングについてはメリットばかりが強調されてきたことも事実です。
しかし、参入した多くの企業のうち、無視できないほど大きな割合で、オフショア開発に失敗し、その後完全撤退を余儀なくされた企業が存在します。

 わたくし自身も、ある企業に在職中の2000年ごろ、『オフショア・ブーム』に浮かれた多くのブリッジエンジニアのうちの一人であり、また多くの管理者が直面した失敗を経験し、そして悩んだ一人です。
これらの経験、特に失敗の経験は、これからフィリピンでオフショア関連の起業をお考えの方々のお手伝いをさせていただく上で、お役に立てるのではないかと自負しております。

当協会は、あくまでも非営利を貫きます。
当協会は、特定の企業・個人の利益のために存在することはありません。
『フィリピンオフショア業界の成長』こそが、わたくしにとって、また支部役員全員にとって、唯一の願いです。
フィリピンオフショア業界のパイが大きくなることで、結果的に支部役員・会員全員、個々人の業績も併せて上昇していく、というスキームを目指します。

日本オフショア協会・フィリピン支部長 高倉健哉

フィリピン支部

Norwegian Collection Bldg. Inc., Loakan Rd.,PEZA, 2600 Baguio City, Philippines
Tel.+63(74)424-2271

役職 氏名
支部長 高倉健哉
広報担当 北野昌平
事務局長 Marie Frances T. de Mesa

フィリピン支部は、上記3名の役員で運営しています。

本部とは、事務レベル・技術レベルにおいて、密に連携しておりますが、
支部運営そのものは独自の裁量権に基づき完全に独立しています。